医療レーザー脱毛のメカニズム

レーザーを使用した医療脱毛では、メラニン色素に吸収される波長の光を使用します。
毛根に含まれるメラニン色素に光が吸収されると発熱し、この熱によって毛母細胞がダメージを受け、毛の再生能力が低下します。

これを何度か繰り返すことで毛の再生がほぼ起こらなくなるメカニズムです。
この方法は光の出力が高いため、エステ脱毛よりも効果的になりますが、皮膚も光の照射でダメージを受けるため、ゴムで弾かれるような痛みがあります。
光を照射した後、すぐに抜ける毛もありますが、多くの場合は抜けるまでに2週間前後かかります。

これらの毛は、照射後も伸びているように見えますが、毛穴に埋まっていた部分が押し出されているものであり伸びているのではありません。
また、この状態で毛抜きなどで強引に抜いてしまうと照射を行った毛根ごと抜け落ちてしまうため、自己処理はカミソリなどで行うようにします。
レーザーを使用した医療脱毛は1回の照射では十分な効果がありません。
効果があるのは成長期の毛だけであり、照射時に成長期でなかった毛は次の照射で処理を行います。
レーザーを使用した医療脱毛で効果を得るには前述のようにメラニン色素のある毛根が必要です。そのため、色の白い毛に対しては効果がありません。
産毛も色が薄いため効果を得にくいことがあります。

また、毛が太く、密集している髭の場合、通常の出力で照射を行うと発熱量が高くなり、火傷の危険性が高いため出力を落とすことがあります。
この場合も効果が落ちます。