痛いと言われる脱毛について

脱毛で一番痛いと言われているの針を使う方法です。
この方法は針を毛穴一本一本に刺して、微弱電流を流して毛根を直接破壊する方法です。
破壊された毛根からは二度と毛は生えてこなくなります。
この方法は針を刺して行う方法なので、かなりの痛みが伴います。
基本的には麻酔を使用して行うことが多いです。
毛穴一本一本に対して処理を行っていくため、一度に施術出来る範囲が少なく時間もかなりかかってしまいます。
麻酔代もかかるので、費用はかなりの高額になってしまいます。
そのため、最近ではほとんど選ばれません。
痛いのが苦手でも医療レーザーや光脱毛なら、安全で安心して施術を行うことが出来ます。
これらの方法は、レーザー光が黒色に吸収される特性を利用して行います。
毛根にダメージを与えて毛を生えたにくくさせることで脱毛の効果を得ることが出来ます。
特に光脱毛は痛みが少ない方法と言われています。
ほとんど痛みを感じることなく施術を終えることも出来ます。
費用も一番安いため、とても人気の方法です。