医療レーザー脱毛のメリット。麻酔について

麻酔について

医療脱毛は美容クリニックなどの医療機関が提供しているもので、医療機器を使って脱毛をおこなってくれます。 医療脱毛といっても、その人に合わせた施術が行われますが、大きく分けてニードル脱毛とレーザー脱毛があります。

ニードル脱毛では、針(ニードル)を一本一本の毛穴に挿入し、電熱によって毛根細胞を破壊するという、とても手間が掛かり、また痛みが伴う脱毛法です。 この脱毛を行うメリットは一本一本施術するので確実に永久脱毛にすることができることですが、あまりにも時間と費用が掛かるので現在では一般的な方法ではなくなっています。
現在の医療脱毛の主流となっているのは、レーザー脱毛で、レーザーを脱毛したい場所に当てることで毛根細胞を破壊し脱毛するというものです。 ニードル脱毛に比べて痛みも少なく、また一度の施術で広範囲を脱毛できるので効率的に行うことができますが、やはり痛みが伴う場合があります。

一方で、医療レーザー脱毛を受けるメリットとしては、医療機関ですので麻酔を受けられるという点です。 医療脱毛で受けられる麻酔としては吸引することでリラックス効果や不安が取り除かれる笑気麻酔と、肌に直接クリームを塗ることで麻痺する麻酔クリームがあり、これらを行うことで施術中の痛みを抑えて脱毛を行うことができます。